スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子の話

スィーツのコーナーではお菓子の起源やお菓子にまつわるちょっとしたお話を書いていきます。なかなか時間がないのでたくさんはできませんがどうぞ、読んでください。お菓子の起源に関しては㈱幻冬舎ルネッサンス出版のお菓子の由来物語を参考にしています。

シュークリーム

IMG_8229.jpg

サクサクの生地の中にクリームパティシエールがたっぷり入ったシュークリーム…フランス語ではクリーム入りのキャベツという意味です。 英語ではcream puffと言います。 生地の作り方ですが、水にバターを入れ沸騰させたら小麦粉を入れ次に卵を加えて絞り袋に入れてオーブンで焼きます。IMG_2328.jpg

シュー生地の起源

いったん日を通した料理又はお菓子のルー状の生地がその祖先らしい。そして、多くの他のお菓子と同様イタリアのメディチ家のカトリーヌ姫がフランスのアンリ2世に輿入れした際に、イタリアの菓子職人により、フランスに伝わりその後改良が加えられ、マドレーヌを作りだしたとも言われている偉大な菓子職人ジャン・アヴィス(シューの巨匠とも言われている)によって完成されたそうだ。

スポンサーサイト

最後の巨人とのお茶会

Denis Ruffel氏が来日しました。

IMG_7543.jpg

プルーの顧問をしていらっしゃるドゥニさんが来日されました。毎年夏に日本にいらして指導をしてくださるそうです。弓田先生は「最後の巨人」と称賛されています。
講習をされる前にまず、レクチャーをしてくださるそうです。テーマは昨年に引き続きフランスの料理界の著名人についてです。詳しい内容はメモを見ながら、内容を自分なりに消化してからアップしますね。

とても、気さくな方で昨日来日したばかりなのにみんなからのお写真攻撃にニコニコして相手をしてくれました。私も箪笥の底にしまいこんでしたフランス語の埃を払い、とりあえず自己紹介して握手していただきました。とても、大きな手で包み込まれるように握手をしたのが印象的でした。土曜日にお料理の講習を受けるのが今からワクワクです。

グルマンディーズプラリネシトロン

IMG_7542.jpg

最後に今回お菓子のデモンストレーションの中の一品をいただきました。レモンの酸味とチョコレートの甘みが絶妙なバランスのとても、美味しいお菓子でした。

レクチャーの締めくくりの質問コーナーで私はフランス料理が世界遺産に登録される理由を教えてほしいと聞くと、「伝統を守ってきたからではないか」というお答えでした。いじわるの私はもっと、突っ込んで、なぜ、伝統を守ると世界遺産なのかと突っ込みたくなりましたが、時間も限られているのでやめておきました。それに、フランス語だとどうしても通訳の方を相手にしゃべるので…やはりじかにお話ししたいです。もう少し、フランス語を勉強しないと

コストコのアイスクリーム

期待以上に美味しかった
コストコのアイスクリーム

IMG_7535.jpg

今まで、コストコでアイスクリームは買ったことがないのです。理由はあればあっただけ食べてしますので、コストコの量でアイスクリームを買うと

IMG_7532.jpg

この量になります。

1.89リットルが2個なので約4キロのアイスクリームが我が家の冷凍庫に収まり、いずれみんなのおなかに移動して私の場合、着実に脂肪に変化していくのです。

それに、コストコはやはり、アメリカなのでやはり味が結構アメリカの味のものが多く、前に四角いケーキを舞がどうしても買ってくれと言うので、試しに買ってあげたのですが、甘いもの好きな舞ちゃんでさえ、「ママ、甘いだけだった」とがっかりしていました。IMG_6447.jpg

良い素材を使ったアイスクリームは確かに美味しいのですが、値段もそれなりに高いです。今まで、アイスクリームは素材の良しあしで味が決まると私は思っていたのですが、コストコのアイスクリームはとても、美味しくって値段も我が家に優しかったです。

白ざらめ

ちょうど良い大きさのザラメを見つけるのは結構難しい。たいていの場合大きすぎる。余り多きと、クッキーの周りにまぶしたり、パート・ドゥ・フリュイの周りにお化粧のようにまぶしたりするのに、何とも、おかしな感じである。
けれども、この商品なら、粒の大きさがちょうどよい。

ムース・コ・コ

イル・プルーに通うのもだいぶ慣れました。

IMG_7500.jpg

今日はココナッツづくしです。

ムースココは美味しいといつもお教室で一緒の方が振替で先にこのレッスンを受けたそうで、教えてくれえました。

ムースがとても美味しくて、上にかかっているメレンゲを焼いた部分もとても、美味しいです。ココナッツのムースはびっくりするほど美味しかったです。

甘いモノ好きの舞ちゃんはあっという間に食べていました。

彼女いわく、「今までの中で一番おいしい、洋ナシのシャルロットを抜いてこれが一番

手前はココナッツサブレです。サクサク感がたまらないです。

クッキーにムース

これだけ持って帰っても、我が家のオチビちゃんにとってはなんでもないようです。

夕食後、クッキーをしまおうかしらと探したら、もう3人のおなかの中にしまわれていたそうです。

IMG_7501.jpg

振替で来ていた人から、土曜日に作ったムースをいただきました。

これも、美味しくて来週作るのが楽しみです。

美味しいです バナナジャム

IMG_7486.jpg

一晩おいて味を整えた後、また、火にかけて水分を飛ばします。
それから、熱いうちにミキサーにかけてバナナの形をペースト状にします。

そして、それをもう一度、5分ほど火にかけます。

ジャムを瓶に入れたところです。

これは、500mlのジャムの瓶です。

今日は、舞が修学旅行で出かけてしまって味見をしてくれないのが残念ですが…

私としては、「美味しい

と感激しています。

本に書いてあったようにフレンチトーストにつけて食べるのに、最適です。

あと、生クリームともバッチシあうと思うし、また作ろうかしら

たぶん、あっという間になくなるだろうから

バナナジャム

コンフィチュールの妖精を呼ばれている「クリスティーヌ・フェルベール」さんの小さなジャムの家からバナナジャムを作りました。
というより、作っています。ジャムはたいてい、2日はかかります。

IMG_7465.jpg

バナナをスライスしてオレンジとレモン果汁を入れたところです。オレンジ果汁はかなりたくさん使います。

これを、沸騰させて(もちろん、グラニュー糖も入れます。)、クーベルチュールを入れて一晩お休みをさせます。

IMG_7467.jpg

明日、火にかけて水分を調整してミキサーにかけます。

出来上がりは、また今度報告します。

ここまでの味は、子供たちのあじみ状況からすると、「とっても美味しい」というところです。

イルプルー

今日はイルプルーの日です。

IMG_7156.jpg

オレンジのショートケーキ 美味しかった
やはり、ひと手間かけて、オレンジを美味しくしてから、お菓子の中に入れと、こんなにも美味しいケーキになるのかと、実感しました。

こちらの通うと、お菓子の勉強になることはもちろん、そういった、基本的な考え方の勉強になります。


IMG_7024.jpg

「リラ・マイ・リラ」では、レーズンパンに使うレーズンもラム酒でつけています。まぁ、材料にこだわりますと言っているパン屋さんでは当たり前のことかもしれませんが、以外に大きなお店になると、コスト削減でそのままのレーズンを使っているところが多いです。

IMG_7161.jpg

IMG_7163.jpg

フィナンシェとヴィジテンヌ

どちらも、バターの香りたっぷりの焼き菓子です。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
プロフィール

rillarilla

Author:rillarilla
女の子三人のママです。天然酵母のパンと手作りのお菓子のお店そして、材料やお道具のお店を経営しています。
人生なにがあるか、わからないです。
家業の手伝いをして子育てを終わるのかと思っていましたが、突然曲がり角で全く今までやったことのない道が待っていました。
わからないことばっかりの毎日ですが、子供たちと一緒にドタバタ進んでいます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。