スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにふるさと村にパンを届けました

IMG_7197.jpg

久しぶりにパンを届けました。

おとといからの雨で緑がとっても、きれいで空気が冷たくて、そして、肌に何とも言えないすがすがしさが伝わってきます。

秋の紅葉もきれいだと思いますが、新緑には新緑の良さがありますね

特に、雨上がりが素晴らしいです。

年月というものには何物にも代えがたい力がありますね

木々が成長するに従って、その景色に不必要な隙間を全くなくしてしまいます。

IMG_7200.jpg

いつも、いろんなイベントが開催させていますが、その日はトルコの陶芸作家の古典でした。そこに来ていたカメラマンの方がパンを持ってきた私の写真を撮ってくれました。

なんだか、カメラマンの方に写真を撮ってもらうなんて経験が久しぶり(というと、前はあったのかしら?)だったので、キンチョーしてしまいました。
そのうえ、昨日の夜、髪の毛を洗ったまま寝てしまったので、ボサボサで…

キャーどうしましょう?

IMG.jpg

その後、薫さんの喫茶店にお邪魔した。


6月からはリラ・マイ・リラも土曜日にパンの販売をするので、前のようにゆっくりとふるさと村で過ごすわけには行かないので、今日はどうしても行きたくて

とても、素敵な時間が過ごせます。

IMG_7203.jpg

未希はいつものようにアイスクリームを食べました。
この、クッキーが美味しくて、薫さんが焼いているのかどうかいつも、聞こうと思って忘れています。

IMG_7205.jpg

入り口はこんな風に看板がたくさんついています。
実は、私も見習って、リラ・マイ・リラの看板をたくさんつけることにしました。
彼女の喫茶店も自宅を改造して作っているので、本当に知る人ぞ知るという感じの隠れ家的存在なので、看板をかなり立てないと、素通りされてしまうこと間違いなしのロケーションです。

娘が大好きなアイスクリームは本当に美味しくてバニラビーンズがたくさん入っています。
私は今日はミルクティーをいただきました。

これからも、なんとか時間をみつけて、行きたいと思います。
スポンサーサイト

イチゴジャムが着々と…

ほとんど、毎日のようにイチゴジャムを作っています。

基本的にジャムパンに入れるようにイチゴの形を残したものを作ります。
そのためには、イチゴを火にかける前にかなり水分をぬかなればいけません。
IMG_7134_20090521011128.jpg
下手をとったいちごにお砂糖をかけて、一晩くらいほっておくとかなりイチゴから、水分が出ます。
そして、それを煮詰めて濃縮イチゴシロップを作ります。

IMG_7166.jpg

この写真のような色になるまで煮詰めるのですが、大体115°位まで煮詰めます。
そうすると、量的には、半分くらいになります。

イチゴジャムを作る時にこのシロップを使えば、イチゴの形が残ったままのジャムになります。

そうしないと、ジャムに最適な濃度になるまで煮詰めているうちに、イチゴの形が崩れてしまいます。

また、このシロップは万能で、水で薄めてイチゴ水を作っていいし、赤毛のアンでアンがダイアナにイチゴ水だと思って、飲ませたのはワインでしたが、これは酔っ払わない美味しいイチゴ水ができます。

また、このシロップと生クリームでイチゴの生キャラメルができます。

どこにでもある2DKのアパートから店舗へ

店舗の場所ですが、これにはずいぶん悩みました。賃貸だと、やはりかなりの費用発生があります。JR武蔵中原駅というのは、どちららかといえば、さびれた駅だと思っていますが、(私自身)それでも駅前の物件を探すと、10万から15万くらいでした。もっとも、そこは、もとがお菓子屋さんだったので、ある程度設備が使えるので、そういう意味で家賃が高かったのかもしれません。
でも、やはり賃貸となれば、10万の家賃を覚悟していなければなりません。パンの単価は100円200円300円などといった金額が相場です。
そんな、金額の商品を売って、10万の家賃を作りだすのはどんなにたいへんなことか
仮に、100円の中から家賃分として10円原価に算入します。10円で10万の家賃を出すためには1カ月に1万個のパンを売らなければなりません。
営業日が20日だとすると、1日500個です。

1日、500個完売しないと10万の家賃はねん出できません。

幸いにも、2008年1月に転居したアパートがありました。しかも、その人は3回くらい更新していたので、新しく買うとなると、中の設備にかなり金額がかかるのが予想されて、木造2階建てのアパートだったので、お金をかけて修繕しても入ってくる家賃はせいぜい7万から8万です。
(場合によってはもっと、安いことも考えられます。)

そこで、結局私は、自分がパン屋でその部屋を改造することにしました。
そう、よく、自宅を改造してパンを開きました。とかいう人がいますが、私の場合は、マンションだったので、絶対にそれはだめでした。

マンションの場合はまず、管理組合の規約で営業をすること自体を制限していることが多いうえ、保健所の許可が通りません。
まず、居住用と店舗用の二つの台所とトイレがないと絶対に許可されません。(川崎市の場合)
自治体によって、結構、基準が違うというのは聞いたことあるので、その辺はお住まいの保健所に聞いてください。
とにかく、川崎市の場合は絶対にだめでした。
私も、試しに聞いてみたら、「マンション」と言っただけで、「だめだめ!」と相手にもしてもらえませんでした。
このあたりが役所的な応対だなった思うのですが、なぜ、だめなのかは説明せずにマンションと聞いただけで、だめだめといって、相手にしないのは、

それとも、それくらいのことは誰でも知っていることなのかしら、

とにかく、私は粘って聞いたら、台所とトイレを二つ作れますか?と聞かれました。

マンションの場合で、居住スペースも確保して、そこまでの改造をするのは、不可能に等しいでしょう。

IMG_4127.jpg

この写真は、畳等、いらないものはすべて、とったところです。この上に、6畳と4畳半位の部屋と、台所がついいていました。

IMG_4435.jpg

ここは、お風呂場でした。
お風呂場が通りに面していたので、結局そこを店舗に改造して、玄関をつけて、もともと、玄関だった場所は、トイレに改造しました。

ドアは、今でも残っていますが、かぎが掛けてあるし、仮に、明けても、トイレの壁が見えるだけです。


改造費にはやはり、お金がかかります。

イルプルー

今日はイルプルーの日です。

IMG_7156.jpg

オレンジのショートケーキ 美味しかった
やはり、ひと手間かけて、オレンジを美味しくしてから、お菓子の中に入れと、こんなにも美味しいケーキになるのかと、実感しました。

こちらの通うと、お菓子の勉強になることはもちろん、そういった、基本的な考え方の勉強になります。


IMG_7024.jpg

「リラ・マイ・リラ」では、レーズンパンに使うレーズンもラム酒でつけています。まぁ、材料にこだわりますと言っているパン屋さんでは当たり前のことかもしれませんが、以外に大きなお店になると、コスト削減でそのままのレーズンを使っているところが多いです。

IMG_7161.jpg

IMG_7163.jpg

フィナンシェとヴィジテンヌ

どちらも、バターの香りたっぷりの焼き菓子です。

ふるさと村に行ってきました

今日は、子供たちとふるさと村に行ってきました。パン屋が無事に営業していれば、今日は配達の日でしたが…

いとこの奥さんがやはり、寺家町で自宅を改造して喫茶店を経営しています。もともと、雑貨店をやっていたのですが、最近パンを持っていくようになり、家の前を通るたびに「あら、雑貨店だけでなく、喫茶店もやってるかしら?」って思うような、看板が出ていました。
IMG_6864.jpg


IMG_6862.jpg

テラスを改造して屋根を付けてそこにお店があり、お庭にもテーブルといすを出して、季節の良い時は外で、お茶やお菓子を楽しめるようになっています。

上の写真はまきストーブです。お庭が山なので、木がたくさんあるそうなので、「それで暖をとるのよ」と言っていました。でも、まきを作るのも、結構な労働だとも言っていました。

この2枚の写真はまだ、寒い時にお邪魔した時の写真です。まきストーブの温かさがとても気持ち良く、体だけでなく、心まで暖かくなる感じでした。

IMG_6914.jpg

黄色のかわいいティーポットです。思わず、買ってしまいました。たっぷりとお茶を作って美味しいお菓子やサンドイッチでアフタヌーンティーでもいかかですか?

IMG_7143.jpg

お子様たちはこの日は全員、アイスクリームを食され、さらに、葛湯も食べてみたいということでした。
IMG_7145.jpg

私は、アプリコットの焼き菓子と、ストレートティーです。
IMG_7142.jpg

少し、のんびりした時間を過ごさせてもらい、叔母のところにもよると、「パンを楽しみしている人が増えて来たよ」と、嬉しいお知らせがあり、とにかく、早く機械になおっていただいて25日からはパンを焼きたいと思います。
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
プロフィール

rillarilla

Author:rillarilla
女の子三人のママです。天然酵母のパンと手作りのお菓子のお店そして、材料やお道具のお店を経営しています。
人生なにがあるか、わからないです。
家業の手伝いをして子育てを終わるのかと思っていましたが、突然曲がり角で全く今までやったことのない道が待っていました。
わからないことばっかりの毎日ですが、子供たちと一緒にドタバタ進んでいます。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。